SMプレイで女王様がM女に!?

女王様がM女になって男達に調教されている2つの事情

SM緊縛プレイ

SMクラブで虐めてくれる女王様はM男にとって絶対的な存在です。
こちらが射精したくなっても我慢させ、目の前の彼女たちに触れることすら許されません。

 

しかし、そんな女王様たちがM女として男に調教されているんです!

 

SMクラブで働くとき、ほぼ必ずといっていいほどお店から「まずはMとして働いてもらう」と言われ、女王様希望のS嬢は最初Mとして働きます。

 

「ありえない!」「金返せ!」という気持ちもあるかもしれませんが、そこには女王様として理想を追い求める真剣な気持ちと現実の止むに止まれぬ2つの事情があるのです。

 

女王様として修行

一つ目は女王様としての高みを目指すため。
まずSMというのはソフトからハードまであり、ハードになればなるほどM男たちの性癖は過激にマニアックになっていきます。
Mといってもただ痛みがあれば気持ちいのではなく、色々な性癖があります。

 

マニアックなSMプレイ

例えば「テレホンカードで顔をピタンピタンと叩かれるのが好き」という常連男性がいました。
テレフォンカードじゃなければダメなんです。似たようなものじゃだめ。

 

このようにM男達の中には他者には理解できないけどMとして絶対譲れないポイントというものがあります。
だからこそ、適当な責めではダメで、Mの要求に対してどうすればいいかM自身になって体験しないといけません。

 

怪我するSMプレイの限界を知る

危険を伴う行為も増えてきますし、過激なドMになると骨折や出血による快楽を求めてくるのです。
一歩間違えば大事故になってしまうので責める側はどこまで責めていいかを知らなければいけません。

 

もちろんM嬢はお店の規約で大怪我させるプレイは厳禁ですが、彼女たちS嬢自身が痛みを知ることが大事。
相手の痛みを知らない暴力というのは加減が上手くいかないんです。
だからやりすぎて事故につながりますし、痛みを知らないと手加減しすぎてM男は満足しない。

 

SMクラブで真剣に女王様として働くS嬢はプライベートでも自分の体を縛ったり、傷めつけてやっていいSMプレイの限界を見極めています。
そのせいで骨折や打撲、切り傷で痕が残ってしまうこともあるほど。

 

女王様を極めようとすればするほどMの気持ちを理解しなければいけないんですね。
そのためのM嬢としての修行なんです。

 

女王様の人気がない

女王様の男人気がない

もう一個は女王様の人気が無いという悲しい現実。
SMクラブでもM女の指名は多いけれど、それと比べてS嬢の指名はかなり少ないんです。
だから女王様とM奴隷を兼業する嬢が実は多いんです。

 

女王様というのは前述した通りワガママなM男の要求に答えなければ固定客がつかめません。
そういう太い固定客は先輩女王様がほぼ掴んでいるから新規顧客というのが少ないんですね。

 

潜在的なM男性も「女に虐められる行為」には簡単に踏み込めないからSは供給が多くても需要が少ない。
反面「女性を苛めたい」というのは自らの痛みを伴わないから敷居が低い為、どんどん新しい男性が指名してきます。

 

男女共にS希望は多くてもM希望は少ない故の需要と供給の噛み合わなさがあるのです。

 

女王様になりたくてSM風俗に来る女性はとても多いのですが、M女修行が嫌でやめていく女性が多い。
反面M女になりたい女性は少ないので、S嬢に兼業してもらわないといけないというこういった店側の事情が関わっているんです。

 

またそんなS不況の為「痴女系女王様コース」というのがここ数年とても増えてきています。
>>SMクラブで痴女な女王様の淫乱責め

 

そんなワケでS性癖の女性の多くが合法的に男を虐めたくてSMクラブに来て厳しい現実を知って去っていくのです。
さらに修行して在籍している女王様達も毎回自分の好きなプレイができるわけではないのです。むしろ好きなプレイをできること事態が少ないと言っていい。
それでフラストレーションが溜まってテレクラでSMプレイをしている現役女王様も少なくないとか……

 

>>テレクラでSMプレイする女王様と出会える!?

関連ページ

女王様とSMツーショット
SMテレクラには現役の「ガチの女王様」がいることがあります。SMマニアの彼女たちに出会えたら本職のSMプレイを実体験できて新たな世界が見えてしまう人続出中!
痴女な女王様
最近SM風俗では痴女コースというのがあり、女王様にエッチに虐められるというプレイができるようになっています。これが人気でソフトMプレイが楽しめちゃいます。
女王様がSMテレクラで電話調教する2つの理由
テレクラのSM・マニア向けコーナーを使っているとたまにSMクラブで働く「プロの女王様」と会えることがあります。なぜ彼女たちがテレクラで遊んでいるのかという話。